2019.02.06 08:38

岡﨑市長ら19人を書類送検 高知市「道の駅」決裁偽造容疑

 高知市が「道の駅」構想に関連する市都市計画マスタープランの決裁文書を偽造していた問題で、県警は5日、決裁文書に押印した岡﨑誠也市長ら19人を虚偽公文書作成・同行使の疑いで、高知地検に書類送検した。
 
 関係者によると、送検容疑は、市都市計画課が2016年1月、14年3月7日付の起案紙を作成し、当時の担当者から決裁印を取り、日付を偽った上で市議会に提出して行使した疑い。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央


ページトップへ