2019.02.05 08:38

若虎ちりめん丼ぺろり 4新人「力もらった」 安芸市

ちりめん丼を味わう阪神の新人選手4人(安芸市の安芸しらす食堂)
ちりめん丼を味わう阪神の新人選手4人(安芸市の安芸しらす食堂)

 安芸市で春季キャンプ中の阪神タイガースの新人4選手が、初の休日となった4日、同市西浜のチリメンジャコ加工場を訪れ、ご当地グルメのちりめん丼を味わった。

 小幡竜平内野手、川原陸、湯浅京己(あつき)両投手、片山雄哉捕手の4人。加工場を見学した後、併設の「安芸しらす食堂」で、釜揚げちりめんとドロメがたっぷり盛り付けられた丼を頬張った。

 選手たちは「新鮮でおいしい」「出身地では食べられなかった味」などとコメントしながら完食。高卒ルーキーの小幡内野手は「地元の特産を食べて、すごくパワーをもらった。キャンプを乗り越えられるように頑張りたい」と気合を入れ直していた。(岡林知永)

関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ土佐路の球音安芸スポーツ


ページトップへ