2019.02.04 08:38

たすきつないで半世紀 本山町駅伝で地域盛り上げ

本山小学校をスタートするランナー(本山町本山)
本山小学校をスタートするランナー(本山町本山)
 たすきつないで半世紀―。長岡郡本山町で3日、「第50回本山町駅伝大会」が開かれ、32チーム160人が町を駆け抜けた。大会を支えてきたのは町民のスポーツ熱。小学生から社会人までが楽しみながら、伝統をつないできた。

 本山町駅伝は1969年、前身のマラソン大会から衣替えして始まった。第1回から走る前町長の今西芳彦さん(64)は「(駅伝にして)参加層を増やそうと始まったと思う。子どもも保護者も走って、町民にスポーツ熱があったんじゃないか」と振り返る。今西さん自身、欠場は5回ほどで「仕事で休んだことはない」と笑う。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ嶺北


ページトップへ