2019.02.03 08:35

韓国の球児が今年も室戸市で合宿 小学生、高校生5団体

合宿の歓迎セレモニーで記念品を受け取る韓国の高校野球部員(室戸市の室戸マリン球場)
合宿の歓迎セレモニーで記念品を受け取る韓国の高校野球部員(室戸市の室戸マリン球場)
 韓国の小学生や高校生の野球チームが今年も室戸市で合宿を行っている。1月中旬から2月下旬までに5団体が相次いで来訪し、同市領家の室戸マリン球場などで練習に励んでいる。1日には平沢(ピョンテク)市のラオン高校の歓迎セレモニーが行われた。

 室戸市での合宿は、県観光コンベンション協会の誘致で2013年にスタート。今年はリトルリーグ4チームと高校1校が訪れ、同市元乙の国立室戸青少年自然の家に滞在している。

 ラオン高は創部当初から3年連続の室戸合宿。今回は先月21日に室戸入りし、今月25日までの日程で、グラウンドで汗を流している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ室戸


ページトップへ