2019.02.03 08:35

【動画】むすび塾×いのぐ塾 高知市中心商店街で津波避難訓練



飲食店から津波避難ビルへ避難する訓練の参加者(2日午前、高知市帯屋町1丁目=佐藤邦昭撮影)
飲食店から津波避難ビルへ避難する訓練の参加者(2日午前、高知市帯屋町1丁目=佐藤邦昭撮影)
 南海トラフ地震を想定し、飲食店の従業員や客が津波から避難する訓練が2日、高知市の中心商店街で行われた。近隣店舗や自主防災組織の関係者ら約50人が参加し、近くの津波避難ビルへの誘導や避難経路などについて考えた。高知新聞社と東北地方のブロック紙・河北新報社(仙台市)、協同組合帯屋町筋が企画した防災イベント「むすび塾×いのぐ塾in高知市中心商店街」の一環。

 訓練は、同市はりまや町1丁目の土佐料理司高知本店を舞台にスタート。緊急地震速報が鳴ると、同店の従業員は客役の参加者に「テーブルの下で安全を確保してください」と指示し、揺れが収まるのを待った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要社会いのぐ災害・防災高知中央


ページトップへ