2019.02.02 08:40

阪神、ブルペンに熱気 西武は投打とも精力的

ブルペンで投球練習する秋山(安芸球場=島本正人撮影)
ブルペンで投球練習する秋山(安芸球場=島本正人撮影)
 高知県では阪神と西武の2軍が1日、春季キャンプ入り。好天の下、阪神は安芸球場で、西武は春野球場で始動した。

 安芸の阪神は若手からベテランまでの28人が、投球練習やマシン打撃などに意欲的に取り組んだ。投手陣は初日からブルペン入りし、熱のこもった投球を披露した。

 早出の野手陣は午前8時すぎからトレーニングを開始。安芸市関係者による歓迎セレモニーを挟んで、全体でのウオーミングアップ後、投手と野手に分かれてメニューに取り組んだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ