2019.02.02 08:35

世界で一つの箱庭作り 北ノ川小でジオラマ教室 四万十町の海洋堂館

海洋堂のフィギュアを使い、ジオラマ作りに挑戦する北ノ川小の児童(四万十町の同校)
海洋堂のフィギュアを使い、ジオラマ作りに挑戦する北ノ川小の児童(四万十町の同校)

 高岡郡四万十町打井川の「海洋堂ホビー館四万十」が、同町内の子どもたちに「ものづくり」の楽しさを伝える「ジオラマ教室」を始めた。町と連携した古里教育の一環で、1月31日には同町大正北ノ川の北ノ川小学校で初開催。5、6年生9人が、世界で一つだけの小さな箱庭作りに挑戦した。

児童が作ったジオラマ
児童が作ったジオラマ

 同館は、旧幡多郡大方町出身の宮脇修館長(90)が創業したフィギュアメーカー、海洋堂(大阪府)の展示施設。旧打井川小学校を改修して2011年7月にオープンした。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要社会海洋堂高幡文化


ページトップへ