2019.02.01 08:40

室戸の旬ふんだんに 市内6店で「春つげ御膳」

ハマアザミなど旬の食材を使った「春つげ御膳」(室戸市室津の「釜めし初音」)
ハマアザミなど旬の食材を使った「春つげ御膳」(室戸市室津の「釜めし初音」)
 室戸市内の飲食店など6店舗が1日~3月10日、ハマアザミなど旬の地元食材を使った「春つげ御膳」を提供する。各店とも1800円で、前日までに要予約。

 地元飲食業者らでつくる室戸調理師会が2005年にスタート。店主の高齢化などで閉業する店が増えたり、消費税増税で価格を上げたりしてきたが、観光PRにつなげようと継続してきた。

 メニューは各店で、ほぼ共通。ハマアザミの天ぷら、菜の花のおひたし、マンボウのみそ炊き、ナスのたたき、地魚の刺し身の5品が楽しめる。

 「釜めし初音」(同市室津)では共通メニューに、ご飯とキンメダイの汁を合わせて提供する。アザミはシャキシャキと歯ごたえがあり、マンボウは肉厚の食感。ナスや菜の花も彩り鮮やか。店主の高瀬成浩さん(55)は「室戸の春の味覚がたくさん詰まっている。ぜひ食べに来て」と呼び掛けている。

 他の参加店舗は花月▽駒季▽立寿司▽福尚▽ホテル明星―で、問い合わせは市観光協会(0887・22・0574)へ。(馬場隼)

カテゴリー: 主要社会室戸


ページトップへ