2019.01.29 08:35

LGBTから差別心問う 2/2、3に高知市で映画「カランコエの花」上映

映画「カランコエの花」の一場面
映画「カランコエの花」の一場面
 性的少数者(LGBT)に対する周囲の過剰な配慮が逆に当事者を傷つけることもある―。LGBTをテーマにした話題の短編映画「カランコエの花」が2月2、3の両日、高知市帯屋町2丁目のメフィストフェレス2階シアターで上映される。LGBTという言葉の認知度は高まっているが、社会の実態はどうだろうか。作品は見る側にさまざまな問いを投げ掛ける。
 
 舞台は高校のあるクラス。保健の先生が突然、LGBTについての授業を行う。このクラスだけの特別授業だったことから「うちのクラスにいるんじゃない?」と生徒が探り合いを始め…。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ