2019.01.28 08:36

奈半利町に「ダチョウの楽園」 6羽飼育 エミュー、ヤギも

仲間入りした4羽のダチョウ。愛らしい顔で見物者を見つめ返す(奈半利町丙)
仲間入りした4羽のダチョウ。愛らしい顔で見物者を見つめ返す(奈半利町丙)
 安芸郡奈半利町米ケ岡地区で飼われているダチョウの飼育場にこのほど4羽が仲間入りし6羽になった。餌をついばみ、気持ちよさそうに闊歩(かっぽ)する様子は、さながら「ダチョウの楽園」のようで、道行く人を楽しませている。
 
飼育場では、ヤギも出迎えてくれる(奈半利町丙)
飼育場では、ヤギも出迎えてくれる(奈半利町丙)
 米ケ岡で生まれ育った農業、坂本年男さん(68)が飼育。ダチョウは北川村の北川温泉(当時)が食用に繁殖させるため飼っていた。温泉のリニューアルに伴い、坂本さんが2006年に“ペット”として引き取ったのが「楽園」の始まりだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会安芸


ページトップへ