2019.01.27 08:58

高知県内ブロック塀撤去、急増 昨年の大阪北部地震の被害契機

敷地の高さと合わせて高さ2メートルを超す箇所もあったブロック塀を撤去し、設置したフェンス(土佐清水市下ノ加江)
敷地の高さと合わせて高さ2メートルを超す箇所もあったブロック塀を撤去し、設置したフェンス(土佐清水市下ノ加江)

前年度同期の2倍
 県内で自治体の補助制度を利用したブロック塀の撤去・改修が急増している。まだ年度の途中ながら、2018年度は昨年12月までに330件の申し込みがあり、前年度の同期間(166件)の2倍近くに。昨年6月の大阪府北部地震では女子児童がブロック塀の下敷きになって死亡しており、その危険性が認知されてきたと言える。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会いのぐ災害・防災


ページトップへ