2019.01.27 08:35

四国のクマ絶滅確率62% 高知市でシンポ 共存の視点訴え

16団体の代表らがツキノワグマ保護策について意見交換したシンポジウム(高知市知寄町2丁目)
16団体の代表らがツキノワグマ保護策について意見交換したシンポジウム(高知市知寄町2丁目)
 日本クマネットワーク(札幌市)は26日、高知市知寄町2丁目のちより街テラスで「四国のツキノワグマが絶滅しそう 私たちにできることって何だろう?」と題するシンポジウムを開いた。17年後に絶滅する確率は62%という最悪の想定も示された。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会高知中央

ページトップへ