2019.01.25 14:40

龍馬が導く青信号!? 高知市中心部 実は部品破損…

新たな夜明け迎える間もなくひっそりと
 歩行者用の青信号といえば、帽子を被った人が歩くポーズでおなじみ。ところが、高知市中心部にある信号は、まるで着物姿=写真。坂本龍馬が颯爽(さっそう)と歩いているように見えなくもない。

 場外馬券売り場「パルス高知」(本町1丁目)の近く。「さすが龍馬の古里」と驚かれそうだが、実はこれ、デザインではない。県警によると、1982年に設置されたこの信号は、内部の電球でレンズを光らせる旧型タイプ。そのレンズが何らかの原因で割れ、着物風になったようだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ