2019.01.24 11:00

【いのぐ】高齢者の避難どこが大変? いのぐ記者 黒潮町で擬似体験

高齢者疑似体験の装具を身に着けた防災いのぐ記者。後ろにあるのは浜の宮地区津波避難タワー
高齢者疑似体験の装具を身に着けた防災いのぐ記者。後ろにあるのは浜の宮地区津波避難タワー
 もしも自分が高齢者だったら、災害が起きたときに素早く避難できるでしょうか? つえをついていたり、目が見えにくくなっていたりして、思うように動けないことがたくさんありそうですね。必要な支援の参考にしようと、幡多郡黒潮町にある大方中学校3年の防災いのぐ記者が高齢者の疑似体験をしました。参加したのは沖颯さん、木戸春菜さん、島田瑠奈さん、徳広洸星さん、福留宗一郎さん。黒潮町社会福祉協議会の指導で代の体の状態や感覚を再現する特別な装具を身に着けて、一気に高齢者になった5人。浜の宮地区津波避難タワー(黒潮町入野)や隣にある大方あかつき館で階段やスロープを上り下りした感想を紹介します。(沢田万亀、仙頭達也、高本浩史)


「押しても、なかなか進まん」「石もあるよ」。芝生の生えた場所では車いすがなかなか進まず苦戦しました
「押しても、なかなか進まん」「石もあるよ」。芝生の生えた場所では車いすがなかなか進まず苦戦しました
やってみた! 記者5人の感想...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会いのぐ災害・防災


ページトップへ