2019.01.24 08:35

キネマM休館 高知に感謝 1年3カ月で1.7万人集客 2021年春に常設館

リニューアル前の最終上映であいさつに立つ安藤桃子さん=左、安藤和津さん=中央、奥田瑛二さん(23日午後、高知市帯屋町1丁目=久保俊典撮影)
リニューアル前の最終上映であいさつに立つ安藤桃子さん=左、安藤和津さん=中央、奥田瑛二さん(23日午後、高知市帯屋町1丁目=久保俊典撮影)
近く取り壊されるウィークエンドキネマMが入居する建物
近く取り壊されるウィークエンドキネマMが入居する建物
 高知市在住の映画監督、安藤桃子さんが1年3カ月余り営業を続けてきた映画館「ウィークエンドキネマM」(同市帯屋町1丁目)が、ビル建て替えのため23日の上映を最後に休館した。2021年春には13階建てのビルが新築され、その中にリニューアルオープンする予定。最終上映には両親の奥田瑛二さん、安藤和津さんも駆け付け、ファンらに感謝の言葉を掛けた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知中央高知のニュース

ページトップへ