2019.01.22 13:06

公明代表、歴代厚労相の責任言及 勤労統計不正巡り

 公明党の山口那津男代表

 公明党の山口那津男代表は22日の記者会見で、毎月勤労統計の不正調査の実態解明が進めば、歴代厚生労働相の責任が問われる可能性があると言及した。「道義的責任を含め、国民に対するけじめが問われることはあり得る」と述べた。

 責任の有無は「誰が、どういう経緯で、どういう結果をもたらしたか」が解明された上で判断されると強調した。

 歴代厚労相を巡っては、自民党の二階俊博幹事長が21日の会見で、閣僚給与返納などペナルティーの是非を問われ「党内外を引き締める意味でも、ペナルティーをかける必要はある」と語った。
カテゴリー: 政治


ページトップへ