2019.01.22 08:32

「サムライせんせい」再び 安田町の大心劇場で上映 1/26~2/2

 安芸郡安田町内京坊の「大心劇場」は、県内ロケ作品「サムライせんせい」を26日~2月2日に再び上映する。
 
 高知市在住の漫画家、黒江S介さんの同名作品が原作。土佐勤王党の盟主、武市半平太が現代にタイムスリップし、学習塾の先生になって巻き起こす騒動を描く。監督は渡辺一志さん、半平太役は市原隼人さん。
 
 高知に縁が深い作品とあって、館主の小松秀吉さん(67)が奔走し、昨年3月に大心劇場で上映した。今回、再上映する小松さんは「高知の雰囲気が見事に伝わる作品。まだ見てない人はこの機会にお越しください」と話している。
 
 午後1時と7時の2回。大人1500円、中高生1300円、小学生以下千円。初日の26日は昼と夜の上映後、主題歌を歌う北山淳貴さん(高知市出身)と、劇中曲の尺八を担当した吉田長生さんがライブを行う。上映期間中は同映画のポスターをプレゼント。問い合わせは大心劇場(0887・38・7062)へ。(北原省吾)

カテゴリー: 文化・芸能安芸


ページトップへ