2019.01.22 08:40

どぶろく列車でほろ酔い 三原村の幸を堪能 くろ鉄イベント

どぶろくなど三原村の幸を堪能した「どぶろくイルミネーション列車」
どぶろくなど三原村の幸を堪能した「どぶろくイルミネーション列車」
 列車内でどぶろくなど幡多郡三原村の幸を楽しむ「どぶろくイルミネーション列車」が20日、土佐くろしお鉄道の中村―窪川駅を走り、34人が約2時間半のほろ酔いの旅を堪能した。
 
 列車は畳を敷いたお座敷仕様。中村駅を出発すると、1人に四合瓶のどぶろく1本と同村産の野菜や豆腐などの素材を生かした特製弁当が配られた。田野正利村長も乗車し、「県内屈指の米どころで造られた最高のどぶろくを心ゆくまで味わって」と乾杯の音頭を取り、おきゃくが始まった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会幡多


ページトップへ