2019.01.22 08:55

生徒らの防災案に熱視線 津波到達時間表示、復興定点観測… 当事者意識 地域に喚起

「ぼうさい甲子園」の表彰式で「津波到達時間表示板」について説明する興津中生たち(13日、神戸市の兵庫県公館)
「ぼうさい甲子園」の表彰式で「津波到達時間表示板」について説明する興津中生たち(13日、神戸市の兵庫県公館)
 被災経験のない地域も当事者意識を―。小中高・大学生が発信する防災活動が注目されている。2018年度の「ぼうさい甲子園」(兵庫県など主催)で、初のグランプリ(GP)に輝いた興津中学校(高岡郡四万十町)の「津波到達時間表示板」をはじめ、地域を巻き込んだ防災の「新しい視点」が続々。最前線の活動を探る。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育社会高幡


ページトップへ