2019.01.21 08:40

南海地震「耐震化課題」52% 防災意識向上も急務 高知市中心商店街アンケート

買い物客らでにぎわう中心商店街。多くの命を守るため南海トラフ地震対策が欠かせない(20日午後、高知市帯屋町1丁目)
買い物客らでにぎわう中心商店街。多くの命を守るため南海トラフ地震対策が欠かせない(20日午後、高知市帯屋町1丁目)
 南海トラフ地震に関し、高知市中心商店街にある店舗の52・9%が「耐震化など建物の安全対策」を課題と考えていることが、高知新聞社などが実施したアンケートで分かった。想定される津波の浸水深、到達時間を把握していない店も6割以上に上り、防災意識の向上が求められる結果となった。

 アンケートは、昨年11月~今年1月にかけて実施。東ははりまや橋商店街から西は大橋通商店街までにある273店舗に用紙を配り、140店舗から回答を得た。回収率は51・3%。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ