2019.01.19 08:40

【カツオと生きていく】県内カツオ漁、昨年1342トン 10年で4番目 引き縄は低調

中土佐町久礼に水揚げされたカツオ(昨年3月)
中土佐町久礼に水揚げされたカツオ(昨年3月)
 昨年1年間の県内の主要港のカツオ水揚げ量は1342トンで、過去10年間で4番目の水準だったことが18日までに分かった。引き縄漁の水揚げがなかった港も出るなど漁獲が低迷する一方で、中土佐町久礼では一本釣り船が2年連続で2008年以降最多の水揚げを記録し、全体の低下を押しとどめた。
 
 県漁協所属の主要6港の記録に久礼の漁獲量を加えて高知新聞社が集計した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要政治・経済


ページトップへ