2019.01.18 14:35

広木隆一、武正晴監督来高へ 安藤監督とトーク 19、20日にキネマM

 「僕らは歩く、ただそれだけ」(2009年)の広木隆一監督と、「百円の恋」(14年)の武正晴監督が19、20の両日、高知市のウィークエンドキネマMで安藤桃子監督とのトーク「映画わっしょい!」を行う。

 同劇場は23日まで安藤サクラ出演作品を上映しており、その関連企画。

 広木監督は1954年生まれ、福島県出身。82年に監督デビュー。2003年の「ヴァイブレータ」で国内外40以上の映画賞を獲得した。ほかに「余命1ヶ月の花嫁」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」など。

 武監督は1967年生まれ、愛知県出身。2007年に監督デビュー。「百円の恋」では安藤サクラが日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。ほかに「リングサイド・ストーリー」「嘘八百」などがある。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高知中央


ページトップへ