2019.01.18 08:35

人口減下の活性化探る 高知市の日本公庫シンポに250人

約250人が傍聴した地域経済活性化シンポジウム(17日午後、高知市本町4丁目の「ザ クラウンパレス新阪急高知」)
約250人が傍聴した地域経済活性化シンポジウム(17日午後、高知市本町4丁目の「ザ クラウンパレス新阪急高知」)
 日本政策金融公庫が統合10周年を記念して全国7カ所で開く「地域経済活性化シンポジウム」が17日、高知市本町4丁目の「ザ クラウンパレス新阪急高知」で開かれた。県内外の約250人が傍聴し、尾﨑正直知事らのパネル討議を通じて人口減少、人手不足の中でのアプローチを考えた。

 シンポは全国7ブロックごとに企画し、中国・四国ブロックの会場となった高知県のシンポは、高知新聞社との共催。地産外商などをテーマにパネル討議が行われた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央


ページトップへ