2019.01.17 08:38

高知で鍛えJ1昇格を J2徳島ヴォルティス、アルビレックス新潟がキャンプイン

キャンプインしたアルビレックス新潟。ジョギングで体をほぐす選手たち(春野陸上競技場)
キャンプインしたアルビレックス新潟。ジョギングで体をほぐす選手たち(春野陸上競技場)
 サッカーのJ2徳島ヴォルティスとアルビレックス新潟が16日、春野運動公園でキャンプインした。徳島は15年連続、新潟は11年連続。それぞれが高知の地からJ1昇格を目指す。
 
 徳島は春野球技場で20日まで合宿し、同日午前11時30分から練習試合を実施予定(対戦相手は未定)。昨季は22チーム中、11位に終わった。今季は元日本代表MF清武弘嗣(セレッソ大阪)の弟、功暉ら新戦力16人が加入。キャンプではポゼッションサッカーに磨きを掛けつつ、選手同士が密にコミュニケーションをとり、連係面で向上を図っていく。
 
 新潟は春野陸上競技場で2月15日まで。1月26日午前10時から高知ユナイテッド、11時20分から高知大と練習試合を行う。昨季は16位。今季は元日本代表FW田中達也ら実績のある選手が残留し、元韓国代表MFチョ・ヨンチョルが8年ぶりに復帰するなど戦力は充実。持ち前の堅守速攻を軸に、攻撃の引き出しを増やすことなどが大きなテーマとなる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ高知中央


ページトップへ