2019.01.16 11:26

横綱稀勢の里が引退 進退場所で3連敗、午後会見

 横綱稀勢の里

 大相撲の第72代横綱稀勢の里(32)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が16日、現役を引退することが決まった。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が明らかにした。進退を懸けて臨んだ初場所で初日から3連敗と不振だった。昨年11月の九州場所で横綱として87年ぶりに初日から4連敗(不戦敗を除く)を喫し、横綱審議委員会で初の「激励」を決議されていた。

 稀勢の里は16日午後、東京都墨田区の両国国技館内で記者会見を開く。

 田子ノ浦親方は「稀勢の里は我慢強い。そういう力士が引退を話すのだから、覚悟があったと思う」と話した。
カテゴリー: 速報


ページトップへ