2019.01.14 08:30

自主上映映画「子どもが教えてくれたこと」 1月19日 高知県立美術館ホール

 病気と向き合いながら毎日を力いっぱい生きている子どもたちの姿を追ったフランスのドキュメンタリー映画「子どもが教えてくれたこと」=写真=が19日、高知市高須の県立美術館ホールで上映される。

 主人公は男女5人の子どもたち。それぞれの病は深刻だが、家族や友達とのかけがえのない時間を思い切り過ごしている。彼らの姿や言葉が、今この瞬間を生きることの大切さを改めて教えてくれる。

 監督のアンヌ=ドフィーヌ・ジュリアンは幼い娘を病気で亡くした。娘と過ごした日々をつづった著書はベストセラーになり、20カ国で翻訳されている。

 午後2時、4時半、7時からの計3回。80分。1300円(当日1500円)。高校生以下800円。未就学児は膝上無料。高新プレイガイドなどで販売している。予約・問い合わせ先は主催のゴトゴトシネマ(090・9803・9984)。

カテゴリー: 文化・芸能高知中央


ページトップへ