2019.01.14 08:40

「どんど焼き」で無病息災祈る 田野町

燃えさかる炎に無病息災を祈った「どんど焼き」(高知県安芸郡田野町の二十三士公園)
燃えさかる炎に無病息災を祈った「どんど焼き」(高知県安芸郡田野町の二十三士公園)

 正月飾りを燃やして無病息災、家内安全を願う「どんど焼き」が13日、高知県安芸郡田野町の二十三士公園で行われた。

 上地、日野両地区の住民が行う新春の恒例行事。神事の後、木の板と青竹で組んだやぐらに着火。しめ縄や門松を炎が包み高く燃え上がると、焼けた竹が「パン、パン」と大きな音を響かせた。

 火の勢いが弱まると、見物客が次々に残り火のもとへ。竹に刺した餅をあぶり、一年の無事を祈った。(北原省吾)

カテゴリー: 社会安芸


ページトップへ