2019.01.13 08:45

「こじゃんと」シカ捕るよ 高知発「囲いわな」県外普及中 四国森林管理局が開発

四国森林管理局が開発した「こじゃんと1号」。中のシカは模型(高知市丸ノ内1丁目)
四国森林管理局が開発した「こじゃんと1号」。中のシカは模型(高知市丸ノ内1丁目)
 四国森林管理局(高知市丸ノ内1丁目)が、独自に開発したシカ捕獲用の囲いわなの普及に乗り出している。高知発の技術として「こじゃんと1号」と名付け、林業用機械の見本市などに出展。県外での導入例も増やしている。
 
 囲いわなは、同管理局の森林技術・支援センターが、シカによる人工林の食害対策として2010年度に開発に着手。高知市五台山の鋼材販売業「ヤマサ」の協力を得て2年がかりで完成させた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ