2019.01.13 08:40

「偏見なくすため声を」女性消防吏員働きやすく 南国市で四国初の交流会

四国の女性消防吏員が集まった交流会(南国市消防本部)
四国の女性消防吏員が集まった交流会(南国市消防本部)
 四国ではまだまだ少ない女性消防吏員を集めた初めての交流会が11日、高知県南国市篠原の市消防本部で開かれた。県内10人を含め4県から32人が参加し、川崎市消防局の女性副署長を講師に働きやすい職場作りについて理解を深めた。
 
 全国の消防本部などで、いわゆる“消防士”として消火や救急活動を行う女性吏員の割合は2・6%。県内では高知市に8人、南国市と香南市に各1人の計10人(0・8%)だけで、四国平均(計70人、1・3%)も下回っている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会香長


ページトップへ