2019.01.13 08:40

サッカー指導者1000人集結 高知市で四国初の日本協会カンファレンス

四国初開催のフットボールカンファレンス。日本代表の森保監督もインターネット電話で生出演した(県民文化ホール)
四国初開催のフットボールカンファレンス。日本代表の森保監督もインターネット電話で生出演した(県民文化ホール)

 国内最大のサッカー指導者研修会「フットボールカンファレンス」(日本協会主催)が12日、高知市の県民文化ホールで始まった。国内外の約千人が高知に集結。3日間にわたり、ワールドカップ(W杯)ロシア大会を振り返りながら、日本サッカーの未来を探る。
 
 四国開催は初。会では、高知市とほぼ同じ人口ながらW杯に初出場したアイスランドの報告もあることから、日本協会の田嶋幸三会長が「(高知県協会の)福川会長も来ておられる。プレッシャーをかけるわけではないが、『高知選抜がW杯に出られる』ということ。さまざまな困難を克服しているチームがあるということを、われわれは意識しないといけない」と呼び掛けた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ高知中央


ページトップへ