2019.01.13 08:40

手の不自由乗り越え力作 高知市の絵画展に世界の50点、実演も

口や足で描かれた作品が並ぶ絵画展。森田真千子さんの実演も行われた(高知市の「オーテピア」)
口や足で描かれた作品が並ぶ絵画展。森田真千子さんの実演も行われた(高知市の「オーテピア」)
 手の自由を失った画家の作品を展示する「絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち」が12日、高知市追手筋2丁目の「オーテピア」で始まった。17の国・地域の計39人の画家がハンディキャップを乗り越えて描き上げた力作50点を展示。出展画家による実演も行われた。14日まで。
 
 三菱電機ビルテクノサービス(東京)の主催。社会貢献活動として1992年から全国各地で開いており、高知県では5回目。会場運営などは同社の社員やその家族が担っている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ