2019.01.12 08:35

電柱で毎年無断操作 高知市内の開閉器 15年以降6回 県警捜査

何者かに操作された開閉器。地上約10メートルの高さにある(11日午後、高知市長浜)
何者かに操作された開閉器。地上約10メートルの高さにある(11日午後、高知市長浜)
 四国電力は11日、10日深夜に高知市長浜で電柱の開閉器が無断で操作され、周辺の56世帯が56分間停電した、と発表した。同様の無断操作は2015年10月以降に同市で6回発生しており、四電から被害届を受けた県警が威力業務妨害の疑いで捜査している。

 四電によると、開閉器は地上約10メートルの位置にある箱形の装置で、垂れ下がった2本のロープで電気回路の「入」「切」を操作する。ロープは約4メートルの高さにある「施錠金物」という装置で固定されている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ