2019.01.12 08:35

高知県教育委員会が県内新成人数の集計廃止 市町村の負担軽減 データ空白案じる声も

晴れの成人式。高知県教育委員会が集計した昨年の高知県内の成人式対象者は6434人だったが…(高知市の県民体育館)
晴れの成人式。高知県教育委員会が集計した昨年の高知県内の成人式対象者は6434人だったが…(高知市の県民体育館)
 高知県教育委員会が2018年度から成人式対象者数の集計を取りやめた。対象者数を毎年県に報告している市町村の負担軽減が目的という。しかし当の市町村からは「特に負担ではなかった」との声も。県内の成人式対象者の総数は今後データとして空白となり、中四国の他県教育委員会からは「データの蓄積がないと将来困るのでは?」と案じる声も聞かれた。

 県教育委員会生涯学習課などによると、成人式対象者数は市町村が住民票に基づき調査。同課が文書などで全市町村に問い合わせた上で集計し、12月上旬ごろにそれぞれの成人式日程と併せ発表していた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ