2019.01.11 08:35

南国市の園児らがどんど焼きで無病息災祈る

園児らが無病息災を祈った「どんど焼き」(南国市十市)
園児らが無病息災を祈った「どんど焼き」(南国市十市)
 正月飾りを燃やす「どんど焼き」が10日、高知県南国市十市のメダカの池公園で行われ、近隣の園児ら約200人が今年の無病息災を祈った。
 
 新宮神社(森国英夫宮司)が毎年行っている。今年も公園に設置した3メートル四方ほどの囲いに、十市保育園児が作って神社の鳥居に飾られていた門松やしめ縄などが持ち込まれた。
 
 神事に続き、同保育園(同市十市)とあとむ幼稚園(同市緑ケ丘1丁目)の園児が飾りに火を付けると炎は一気に広がり、白煙がもくもくと。バチンッと竹がはぜるたび歓声が上がった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会香長


ページトップへ