2019.01.11 08:40

県食材おにぎりが最優秀 全国スーパー「弁当・総菜大賞」 高知商生とサンプラザ開発

最優秀賞に輝いた「土佐の結び」を手にする高知商業高の生徒(高知市大谷の高知商業高)
最優秀賞に輝いた「土佐の結び」を手にする高知商業高の生徒(高知市大谷の高知商業高)
 高知商業高校の生徒とスーパーのサンプラザが連携して開発したおにぎり商品「土佐の結び」が、全国スーパーマーケット協会主催の「お弁当・お総菜大賞2019」で最優秀賞に選ばれた。受賞に合わせ、県内のサンプラザ9店舗で11~13日に販売される。

 社会マネジメント科地域実践コースの3年生35人が、同店と取り組む商品開発の第2弾。昨年4月の「土佐の食1グランプリ」で優勝した「ゆずから」に続く快挙になった。

 「土佐の結び」は、香ばしい豚みそを塗った四万十鶏入りと、白だしで炊いたカツオ入り、塩むすびの3個セット。素材の味を生かした薄味仕上げで、仁井田米を使用した。

 生徒は味付けやパッケージデザインなどのアイデアを出し合い、同社社員と検討を重ねて完成させた。同賞の「おにぎり部門」に寄せられた4655点から、味やオリジナリティーなどさまざまな点で高評価を受けた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ