2019.01.09 08:33

ヤクルト・市川(明徳高)始動 新人自主トレで「実感湧いてきた」

ヤクルトの新人合同自主トレーニングでキャッチボールに臨む市川=手前(埼玉県戸田市の戸田球場)
ヤクルトの新人合同自主トレーニングでキャッチボールに臨む市川=手前(埼玉県戸田市の戸田球場)
 ヤクルトの新人合同自主トレーニングが8日、埼玉県戸田市の戸田球場で始まり、ドラフト3位の市川悠太投手(明徳義塾高)ら10人がキャッチボールなどで汗を流した。

 新人選手は小川淳司監督ら首脳陣が見守る中、2時間半にわたって遠投や守備練習などのメニューに励んだ。

 6日に入寮した市川は「プロ生活がスタートしたと実感が湧いてきた。気持ちも高ぶっている」。軽快な動きを披露し、「体をひと回り大きくして持ち味のストレートの切れに磨きをかけたい。1月中にプロの水に慣れて、2月からのキャンプでアピールしたい」と表情を引き締めた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ


ページトップへ