2019.01.08 08:36

イオンが南国市進出「白紙」に 資材高騰など 市に意向伝達

 高知県南国市の国道55号沿いへの進出を計画していたイオンが「いったん白紙に戻す」と市に伝えたことが7日までに分かった。当初の計画提示から約5年。市は開発内容によって予定地を通る市道のルート変更も検討していた。平山耕三市長は「残念だが、当初計画通りに市道や周辺施設などの整備を進める」としている。
 
 市によると、イオン側から計画が示されたのは2014年2月。現在の「マルナカ南国店」(同市篠原、大埇甲)を含む約15ヘクタールの用地に3階建てイオンモール(約5万5千平方メートル)や大型専門店を建設する内容だった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済香長


ページトップへ