2019.01.05 08:35

高知県内年末年始にぎわう 好天幸いし新施設大盛況

高知城 光の祭3万人/廃校水族館1万人
年末年始の6日間で3万人以上が訪れた「高知城 光の祭」(3日夜)
年末年始の6日間で3万人以上が訪れた「高知城 光の祭」(3日夜)
 穏やかな天候に恵まれた県内の年末年始。観光地は多くの家族連れや帰省客でにぎわい、中でも期間限定のイベントや「むろと廃校水族館」などの新施設は大盛況だった。

 昨年11月下旬から高知城で開かれている夜のイベント「高知城 光の祭」には、12月29日~1月3日の6日間で約3万1千人が訪れた。2日には来場者数が期間中最多の7110人を記録し、県の担当者は「最終日の6日までに10万人を突破する」とみている。

 昨年4月にオープンした室戸市のむろと廃校水族館も、6日間で1万497人を集客。若月元樹館長は「大みそかのオールナイト営業や、元日にイカスミで書き初めをするなどのイベントに多くのお客さんが来てくれた」と喜んだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会


ページトップへ