2019.01.01 08:35

「県勢浮揚を確かに」 尾﨑高知県知事が年頭所感

「持てる強みを生かし、自立的に新しい付加価値を生み出し続けられる経済をつくる」と話す尾﨑知事(県庁知事室)
「持てる強みを生かし、自立的に新しい付加価値を生み出し続けられる経済をつくる」と話す尾﨑知事(県庁知事室)
3期目総仕上げに決意
 尾﨑正直知事は2019年を迎えるに当たって記者会見し、「3期目の総仕上げを行うとともに、先々にわたるまで県勢浮揚を確かなものにできるよう全力投球で頑張る」と決意を述べた。県経済成長へ新たな付加価値を創造することや、2月から始める自然・体験型観光キャンペーンを通した中山間地域の経済活性化などにも意欲を見せた。(大山泰志)

 尾﨑知事の年頭所感の要旨は次の通り。

 【県経済】
 経済の拡大傾向をより確かなものにするため、第一に人材不足、後継者不足の解決に力を入れる。合わせて、経済成長の源泉である新たな付加価値の創造を継続的に生み出せる県経済づくりを行う。人材育成事業がその最たるもので、各分野の取り組みを引き続き充実していく。さらに今後、IT・コンテンツ分野と他の分野の交流を活発化させ、各分野の課題解決や次世代型への飛躍を成し遂げられるような環境をつくり出す。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央

ページトップへ