2018.12.30 08:50

高知県内暴走族消えた? 県警「初日の出暴走」体制縮小

かつては年末年始に入ると暴走行為が相次ぎ、県警倉庫には押収された改造バイクや車が並んだ(1998年1月、南国市内)
かつては年末年始に入ると暴走行為が相次ぎ、県警倉庫には押収された改造バイクや車が並んだ(1998年1月、南国市内)

 高知県内で近年、暴走族の姿がほとんど見られなくなった。少人数の単発的な暴走行為はあるものの、県警がグループとして把握する暴走族は2005年以降、ほぼゼロが続いている。大みそかから元日にかけての「初日の出暴走」も年々減少しており、県警は平成最後の取り締まり体制を縮小する方針だ。

【サイド記事】暴走族にも少子化の波 OBら語る「当時は"お祭り感覚"」
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ