2018.12.28 08:34

工科大院生がマージャンで優勝 近藤さん、藤田さんプロ視野

学生マージャン日本一ペアに輝いた近藤直季さん=左=と藤田竜貴さん。手前は大ラスのアガリ手(香美市土佐山田町宮ノ口の高知工科大)
学生マージャン日本一ペアに輝いた近藤直季さん=左=と藤田竜貴さん。手前は大ラスのアガリ手(香美市土佐山田町宮ノ口の高知工科大)
 学生マージャン最高峰の大会「第23回青雀旗(せいじゃんき)争奪学生選手権」がこのほど東京で行われ、いずれも高知工科大大学院情報学コース1年の近藤直季さん(23)=香南市出身=と藤田竜貴さん(23)=広島県尾道市出身=のペアが見事優勝を果たした。2人は「プロを目指して、マージャンの魅力をもっと伝えたい」と意気込んでいる。

 同選手権は、学生麻雀連盟主催の伝統ある大会で、マージャンに打ち込む大学生にとって最大のタイトル。

 2人は工科大の麻雀研究会に所属。「健全で明るい競技として普及させる」をモットーに、22人の部員と共にプロの対局観戦やインターネットで国内外の愛好家と対戦し“最良の手”を研究する。週末には健康マージャンを楽しむ地域の高齢者と対局も行っている。

 同研究会は全国大会の常連で、8年前には同選手権でメンバーが準優勝。プロを4人輩出していることもあり、「学生マージャン界の名門」として名をはせている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要スポーツ


ページトップへ