2019.01.06 08:45

つくってみん? 昨年閉店、高知市の老舗「喫茶ラテン」スパゲッティ 元店主が伝授


また食べたい「白、赤、黄」
 高知市本町4丁目、ビル街の路地裏で約半世紀続いた「喫茶ラテン」。昨年6月に閉店した店の人気メニューは「白」「赤」「黄」と呼ばれるスパゲティだった。高級店でもなければ、特別な材料を使っているわけでもない。昭和そのままの小さな喫茶店の味が、多くの客を引き付けてやまなかった。「もう一度食べたい」。そんな声を受けて、レシピを元店主の島田晴史(はれし)さん(69)=高知市大津甲=に教わった。老舗の味、家庭でつくってみん?
 
【これまでの「つくってみん?」動画はこちらから!】
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: つくってみん社会


ページトップへ