2018.12.22 08:36

乱歩は元フリーター!? 孫・平井さん高知県立文学館で講演

「戦中は本を出してもらえず収入がないので、知り合いがいた職場に履歴書を送ったこともある」と乱歩の職歴を紹介する平井憲太郎さん(高知市の県立文学館)
「戦中は本を出してもらえず収入がないので、知り合いがいた職場に履歴書を送ったこともある」と乱歩の職歴を紹介する平井憲太郎さん(高知市の県立文学館)
転職度々 広告に才能
1月14日まで企画展

 作家、江戸川乱歩(本名・平井太郎、1894~1965年)の企画展が開かれている高知市丸ノ内1丁目の県立文学館でこのほど、孫の平井憲太郎さん(68)=東京都=が「フリーターから大乱歩へ」と題して講演。県内外の乱歩ファン約60人を前に、15年間共に暮らした思い出などをにこやかに語った。

 生涯40回以上転居を繰り返したという乱歩が、最後の約30年間を暮らしたのは、2階建ての土蔵がある東京・池袋の家。現在は隣接する立教大学に譲渡され、公開されている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高知中央


ページトップへ