2018.12.21 08:35

佐川町を新産廃候補地に決定 県が受け入れ要請へ

 県は20日、新たな管理型産業廃棄物最終処分場の候補地を高岡郡佐川町加茂の民有地に決定した、と発表した。同日閉会した県議会12月定例会で異論が出なかったことを踏まえた判断。21日に岩城孝章副知事が同町に出向き、堀見和道町長に施設受け入れを申し入れる。年内に地元説明会を開き、選定の経緯や判断への理解を求める。

 県内唯一の「エコサイクルセンター」(同郡日高村本村)は早ければ2022年9月にも満杯になる見通し。尾﨑正直知事は12月定例会の所信表明で、「適地」として絞り込んだ須崎市、香南市、佐川町の3カ所のうち、同町加茂の石灰岩採掘跡に進入路を新設する案が「最も有力」と表明していた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高吾北

ページトップへ