2018.12.18 08:32

高知龍馬マラソン1万3481人で過去最多 前年より654人増

高知龍馬マラソン(資料写真)
高知龍馬マラソン(資料写真)
 来年2月17日に行われる「高知龍馬マラソン2019」(高知陸上競技協会、県、高知市、南国市、土佐市、高知新聞社、高知放送など主催)の実行委員会は17日、エントリー選手数を集計し、総数は1万3481人になったと発表した。全国47都道府県と海外9の国・地域から参加があり、今年2月18日の大会より654人増えて過去最多を更新。3年連続で1万人超えのエントリーとなった。

 参加料入金などの手続きを終えた人数。内訳は男子1万196人、女子3285人で女子は前年より、313人増えた。

 都道府県別では、高知県が前回から559人増の7671人。愛媛県1599人、東京都538人、大阪府466人、兵庫県460人、香川県444人と続く。年代別では40代が3881人、30代が3217人で、この年代で参加者の半数近くを占める。

 出走者も2年連続で1万人を超えている。この5年間、出走率は80%台半ばで推移しており、今回もエントリーした人の75%が、スタート地点に立てば、3年連続の1万人超えの大会となる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ