2018.12.15 08:40

高知県香南市が「ワーキングホリデー」 移住体験、交流人口増へ 

「こうなんワーキングホリデー」で山北ミカンの収穫に取り組む張子雲さん(香南市香我美町山北)
「こうなんワーキングホリデー」で山北ミカンの収穫に取り組む張子雲さん(香南市香我美町山北)
中国人留学生 山北ミカン収穫
 都市部の若者らに地域に滞在し、働きながら住民と交流してもらおうと高知県香南市は本年度から「こうなんワーキングホリデー」に取り組んでいる。同市内のミカン農園では、中国人留学生が収穫に汗を流している。
 
 同市は将来的な移住の掘り起こしを図ろうと、総務省が2017年に始めた「ふるさとワーキングホリデー」事業を活用。滞在は数週間から1カ月程度で、宿泊費(市内の民間施設に限る)や交通費を補助する。本年度はミカン農園のほか、赤岡町の酒蔵でそれぞれ1人受け入れる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会移住社会香長


ページトップへ