2018.12.13 08:00

小社会 〈大地破裂してたやすく逃げ走る事も成り難く 男女…

 〈大地破裂してたやすく逃げ走る事も成り難く 男女只狼狽周章(ただろうばいしゅうしょう)し児童呼叫(こきょう)の声おびたゞし〉。現土佐市宇佐町の僧侶、井上静照(じょうしょう)の「真覚寺日記」。1854年11月5日午後4時ごろに起きた、安政南海地震の惨状を克明に記している。

 見逃せないのは4日午前8時ごろの「前兆」を書き漏らしていないことだ。〈海潮進退定まらず 此(こ)の浪(なみ)を昔より俗に鈴浪と申し習わせる由 汐(しお)にくるい有りて鈴浪来たるは津波のさきがけなるゆえ 油断すまじき由言い伝う〉。

 この時、静岡・三重で安政東海地震が起きていた。それに伴う小さな津波=鈴浪が、宇佐に伝わってきたという。東海地震の32時間後、南海地震が連動したことがよく分かる。

 大地震を引き起こす南海トラフ震源域は東西に長い。中央防災会議は安政東海、南海地震のように震源域の半分で地震が起きた場合、残り半分の沿岸住民に1週間程度の一斉避難を呼び掛けるとした報告書をまとめた。

 「前兆」を生かして被害を少しでも抑えたい。たとえ地震が起きず空振りになったとしても、命優先の事前避難は必要だろう。ただし住民多数を収容できる避難場所は確保できるか。仕事や学校教育への影響をどう考えるか。

 1944年には昭和の東南海地震が発生。南海地震が連動したのはその2年後だった。「油断すまじき」の警戒をいかに長期間持続させるか。事前避難…そう簡単な話ではない。


12月13日のこよみ。
旧暦の11月7日に当たります。つちのと う 七赤 大安。
日の出は7時01分、日の入りは16時59分。
月の出は11時15分、月の入りは22時11分、月齢は5.8です。
潮は小潮で、干潮は高知港標準で3時00分、潮位29センチと、15時33分、潮位90センチです。
満潮は9時56分、潮位149センチと、20時51分、潮位139センチです。

12月14日のこよみ。
旧暦の11月8日に当たります。かのえ たつ 八白 赤口。
日の出は7時02分、日の入りは16時59分。
月の出は11時49分、月の入りは23時05分、月齢は6.8です。
潮は小潮で、干潮は高知港標準で3時40分、潮位40センチと、16時34分、潮位91センチです。
満潮は10時43分、潮位144センチと、21時45分、潮位128センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ