2018.12.12 14:40

インフルで南国市の小学校が学級閉鎖 高知県内で今季初

 高知県は12月12日、南国市内の小学校1校でインフルエンザにより1学級が学級閉鎖の措置を取ったと発表した。流行期にはまだ入っていないものの、県健康対策課は今後患者数が増えていく恐れがあるとして注意を呼び掛けている。

 同課によると、学級閉鎖した学校では、今月1日ごろから児童数人に高熱や頭痛などの症状があり、3日に10人が欠席した。うち4人がインフルエンザA型と診断されたため、4~6日を学級閉鎖とした。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 医療・健康ニュース社会香長


ページトップへ