2018.12.12 08:31

ケンベイに「精米ハサップ」 高知県内初取得 県産の安全性PR

金属検出機で安全性を確認する高知ケンベイの製造ライン(高知市南久保)
金属検出機で安全性を確認する高知ケンベイの製造ライン(高知市南久保)
 コメや小麦粉、砂糖などの卸・小売業の高知ケンベイ(高知市南久保、西山彰一社長)の本社工場が、精米工場向けの食品衛生管理の認証制度「精米HACCP(ハサップ)」を県内で初めて取得した。県産米の安全性をPRし、付加価値の向上を図る。

 HACCPは、食品の製造工程で異物混入などが起こりそうな危険性や防止措置を予測して分析し、継続的な監視などで安全性を確保する手法。食の安全の国際基準として導入する国が増えており、日本でも2年以内に全ての食品事業者にHACCPに沿った衛生管理が義務付けられる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央

ページトップへ