2018.12.12 08:40

高知県南国市の魅力をオリジナルのテープに 元親、しゃも鍋など

発売されている南国市のマスキングテープ
発売されている南国市のマスキングテープ
 高知県南国市の手軽な土産にと、市観光協会が市の魅力を表現したオリジナルのマスキングテープをこのほど開発し、同市左右山の道の駅「南国風良里(ふらり)」などで販売を始めた。
 
 テープは直径4・5センチ、幅1・5センチ。長さ10メートル。市を象徴する長宗我部元親や先祖の眠る坂本龍馬、特産のしゃも鍋に四方竹、市鳥のオナガドリなど9種がほのぼのと描かれている。
 
 高知でも活動歴があるイラストレーターの古賀ようこさん(37)=福岡県在住=がデザイン。「南国市の広々とした空気感を、ゆる~く表現したら面白いと考えました」と話す。
 
 「南国市には土産物が少ない」との声も同協会に寄せられていたといい、職員は「これで旅の思い出を形に残してほしい」と呼び掛けている。
 
 風良里と高知龍馬空港、県立歴史民俗資料館、同協会で1本300円(税別)で販売中。問い合わせは同協会(088・855・3985)へ。(大山哲也)

カテゴリー: 主要社会香長


ページトップへ